Book review|『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』

79views

今回紹介する書籍は、血液サラサラの提唱者の一人であり、北里大学医学部卒業、前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授、現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務め、日本肝臓学会専門医を務める、栗原毅著作の『眠れなくなるほど面白い 内臓脂肪の話』をご紹介させていただきます。

ダイエットでも健康でも重要な『内臓脂肪』がテーマで図解で分かりやすい人気シリーズです。内臓脂肪が増えてしまう理由から、速攻で落とす食事法まで、すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介されているこの本。健康になりたい、家族の健康が気になる、という方におススメの一冊です。

書籍情報

書籍名:眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話

著書名:栗原 毅 

出版社:‎日本文芸社

出版日:2021年2月26日

ページ数:128ページ

眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話

この本の目次

第一章 内臓脂肪を減らすのに運動はいらない

第二章 放っておくと怖い内臓脂肪の脅威

第三章 驚くほどお腹がへこむ最強の食べ方

第四章 外食、飲み会を賢く乗り切る

第五章 無理なく続く!内臓脂肪が落ちる生活習慣

この本の要約(ざっくり言うと)

  • ぽっこりお腹の原因である「内臓脂肪」は、生活習慣病を引き起こす危険信号
  • 肝臓に脂肪が溜まる「脂肪肝」の原因と対策を解説
  • 太らない、健康な食事方法を解説

この本の必読ポイント

前半は、内臓脂肪のメカニズムと、引き起こす健康障害の基礎知識や、脂肪肝のメカニズムと、引き起こす健康障害の基礎知識を解説します。図解なのでとてもよく分かりやすく、特記事項は赤文字になっているため、5~10分で読み進めることが出来ます。スピーディーかつ正確に、ぽっこりお腹のメカニズムを理解することが出来ます。脂肪肝はアルコールの摂り過ぎや糖質の摂り過ぎだけでなく、痩せている人にもかかる可能性がある病気という事実は、初めて知る人も多いのではないでしょうか?脂肪肝の改善方法も紹介されていますので、心当たりのある人は是非実践してみて下さい。

中盤以降は、痩せるための健康的な食事方法の解説から始まります。炭水化物・たんぱく質・脂質のバランスや、理想的な減らし方、咀嚼、食べる順番、良い食材の紹介など、太らない食べ方を徹底解説しています。不摂生な食事をしている方、食べ過ぎの自覚がある方は必読です。

この本のキラーフレーズ

ここではこの本を読んで、メモに残したい箇所、座右の銘にしたいほどの名言、刺激的で誰かに教えてあげたい内容を引用します。あなたの明日からの行動を変えるキッカケとなる名フレーズがあるかもしれません。

“脂質より糖質の方が体脂肪になりやすい”

“カロリーの摂り過ぎではなく、糖質の摂り過ぎに注意”

“中性脂肪がたまる=血液ドロドロ”

“22時~深夜2時が一番太りやすい”

“内臓脂肪を減らすには、サバ缶と納豆”

“海藻とキノコは究極の食材”

“毎日おおざじ1杯のお酢が内臓脂肪も体調不良も撃退”

“緑茶最強”

“お酒+糖質は内臓脂肪増加一直線”

ダイエットに失敗するたった一つの理由 解決策を教えます